フレックスにつき、昼から鈴鹿でも。懐かしの馬の背尾根を歩いてみることにしました。昔、登山初心者を鈴鹿のどこに案内するか考え、「初級中級上級」のどれがいい?と聞いたら「中の上」と答えたので案内したコースです。自身の年齢と体力を過信した初心者の方は、結果湯の峰ですでに満身創痍になり、ほうほうの体で鎌ヶ岳にたどり着いた良き思い出。今日は一人ですし、時間があるので武平峠から御在所も周ります。
DSC_5128
map
・湯の峰(ゆのみね)標高 : 717m
・鎌ヶ岳(かまがたけ)標高 : 1161m
・御在所岳(ございしょだけ)標高 : 1212m 二百名山

・登山ルート紹介 : 2021/03/26
DSC_5106
鈴鹿スカイラインの蒼滝上部のトンネルを抜けた先、左側にある駐車場です。
冬季通行止めは先日、中道登山口辺りまで開通した模様です。
12:51 この奥にあるガードレールのあたりからガサガサと湯の山温泉街まで下りていきます。


DSC_5107
道がだいぶ不明瞭でしたが、とりあえず降りれば東海自然歩道のこのあたりに出てきます。


DSC_5108
大石橋を渡り、


DSC_5110
蔵之介の横を通って三岳寺に向かいます。


DSC_5111
ここから登ります。
以前もここで写真をとりました。
あのとき、ここまでは元気でしたね。


DSC_5112
DSC_5113
鐘。


DSC_5114
最初から結構急登です。
ペースのわからない初心者はここでやられてしまったようです。


DSC_5115
最初の展望台から望む御在所岳。
白いロープウェイ鉄塔が見えています。


DSC_5116
さらに急登です。


DSC_5117
こんな花崗岩の隙間を無駄に通り、


DSC_5118
13:21 湯の峰です。


DSC_5119
湯の峰からの下りは美しい花崗岩の砂地。
しかし今日は風がとても強いです。
時折、ものすごい音とともにふらつくくらいの風が襲ってきます。
おかげで涼しいですが。


DSC_5120
鎌ヶ岳が近くなってきました。


DSC_5123
白ハゲが見えてきました。


DSC_5124
東の方には雲母峰。


DSC_5125
核心部である白ハゲ前の岩場。


DSC_5126
白ハゲはアルペンムード。


DSC_5127
宮妻峡からの道と合流しました。


DSC_5128
迫力のある鎌ヶ岳山頂部が見えてきます。


DSC_5129
岳峠です。ここから先程見えた岩場を登るだけです。
が、ここまで来てあの壁。さぞかし当時は嫌だったでしょうね。


DSC_5131
登り途中に振り返ると鎌尾根が尖っています。


DSC_5132
14:11 鎌ヶ岳です。


DSC_5133
歩いてきた馬の背尾根も見えています。


DSC_5134
武平峠まで下りてきました。
そういえばまだ誰とも会っていません。
武平峠開通していないからでしょうか。
流石に御在所には誰かいるだろうけど。


DSC_5135
14:55 御在所岳です。
二人組の若い男子にだけ出会いました。
閑散としています。


DSC_5136
国見峠にまっすぐ下りていきます。


DSC_5137
国見峠です。裏道も相当久しぶりです。


DSC_5138
かっこいい藤内壁。


DSC_5139
藤内小屋ですが、やっぱり誰にも会いません。


DSC_5140
堰堤をくぐり、


DSC_5141
トンネル手前に降りてきました。
この手前でようやく2組目と会いました。小屋泊まりかな?

15:46 トンネルを通って駐車場に戻りました。

コースタイム : 2時間55分(標準×0.3~0.4)
体力 : ★★★☆☆
危険度 : ★★☆☆☆
道迷い : ★★☆☆☆