樹氷ハイクの下見のため鈴鹿へ。北の方は雲が多いとのことで御在所周辺を。
DSC_4728

mao2
・御在所山(ございしょやま)標高 : 1212m
・国見岳(国見岳)標高 : 1175m

・登山ルート紹介 : 2021/01/10
DSC_4702
中道駐車場です。ほとんど雪はありません。
07:40 スタートです。


DSC_4703
登山口。しばらく普通に行けそうですが、
時折凍っていることもあるでしょうからチェーンスパイクをつけておきます。
今日はそれ以外の冬装備はありません。


DSC_4704
上りはじめの感じ。
階段の踊り場は凍っています。


DSC_4705
山上駅が初めて見える地点。
樹氷なさそう。


DSC_4706
裏道へのトラバース。一応薄い雪があります。


DSC_4707
でも日向のトラバースはこの状態。


DSC_4708
日陰は小滝がやんわり凍っています。


DSC_4709
裏道へ合流。


DSC_4710
人が結構いる藤内小屋。


DSC_4711
青空の上部を見上げる。
今回は右の国見尾根を登ります。


DSC_4713
沢を渡り、すぐ尾根に取り付きます。


DSC_4714
国見尾根下部の登山道の様子。


DSC_4715
急登。手を使わないと登れない。


DSC_4716
そこそこ雪も出てきました。


DSC_4717
DSC_4718
御在所、天狗岩方面の展望。


DSC_4719
足首くらいまでの雪があります。


DSC_4720
天狗岩を下から。
雲が出てきました。


DSC_4721
稜線に合流。
このあたりはそこそこ沈みます。
ワカンを使うまでもないですが。
静かな国見尾根で、ひとりだけ男性を抜きました。
せっかくスノーシュー持ってきたので履くそうです。


DSC_4722
09:14 国見岳です。


DSC_4723
DSC_4724
DSC_4725
DSC_4726
ぐるり展望。


DSC_4727
樹氷はありません!
御在所山へ向かいます。


DSC_4728
石門。


DSC_4729
国見峠。


DSC_4730
ここから御在所山へ直登します。
踏み跡はほとんどなさそうです。


DSC_4731
国見岳を振り返る。


DSC_4732
スキー場の脇を行きます。
ほとんど沈まない。


DSC_4733
09:41 御在所山です。


DSC_4734
霊仙山とか滋賀方面。
あちらのほうがやっぱりガスが濃いよう。
さて、人が多そうですが中道を下りましょう。


DSC_4735
展望台からの大黒岩と後ろの鎌ヶ岳。


DSC_4736
中道は夏にはないようなロープまで整備されていて、
下りでも安全に降りられます。


DSC_4737
この氷斜面、ロープがないと下りは大分怖いでしょうね。


DSC_4738
DSC_4739
6合目キレットは夏と同じですね。
アイゼンなんかつけていたら逆に危ないでしょう。


DSC_4740
地蔵岩はいつ見てもすごい。
下ばかり見てたらちょっと通り過ぎて戻りました。


DSC_4741
展望所。
ロープウェイが山上駅に向かっていきます。
山上公園はソリ滑りのキッズが結構いました。


DSC_4742
今日のおばれ岩。
下り中、40人くらいとすれ違いました。
さすが中道。


DSC_4743
山の家方面の橋が折れていました。


DSC_4744
10:46 帰ってきました。

コースタイム : 3時間06分(標準×0.7)
体力 : ★★☆☆☆
危険度 : ★★☆☆☆
道迷い : ★☆☆☆☆